イントロダクション

高校3年生の童司(植原卓也)は、2年前の夏に罹った大病が原因で聴覚障害者となって以来、毎日行き場のない怒りを撒き散らしていた。

「なぜ俺だけがこんな目に…」。音楽が大好きで明るかった性格は影を潜め、親にも、兄の慎司(柳澤貴彦)にも、そして友達にも心を開かなくなってしまっていた。

そんな童司がダンスと出会った。最初はダンスのことも、ダンスを踊っているやつらのことも馬鹿にしていた。でもそれは、耳が聞こえなくて踊れないことをごまかすための心の弱さだった。ダンスチームを組む童司のクラスメイトたち、親に捨てられ施設で育ったみっちゃん(桜田通)、生活のため学校を辞めなければいけないツナ(平間壮一)、親の敷いたレールを歩みたくないトビ(寺田拓哉)。彼らも、それぞれに悩みを抱えていた。さらにひとつ後輩のなぎ(吉沢亮)、彼らを温かい目で見守る太郎先輩(橋本淳)。ダンスと出会い、そして仲間と出会い、少しずつ童司の心は溶けていく。

世の中には、どうしようもならないことがたくさんある。でも、立ち止まっちゃいけないんだ。つらくても 歩き続けなきゃ——。

ナビ番組動画配信決定!

1月12日に放送された「サイン」ナビ番組が、 1月26日正午より、MBS「サイン」ホームページにてストリーミング配信がスタートいたします。是非ご覧下さい。

MBS「サイン」ホームページ

イントロダクション

イントロダクション

©2011「サイン」製作委員会