収録楽曲 All Songs composed by Yuriko Nakamura 全12曲収録(すべて新録音)
試聴   1.ノナの星
   
宮崎駿監督作品「星をかった日」への提供楽曲。「星をかった日」は星の種を買った少年のファンタジックな物語で、三鷹の森ジブリ美術館のみで上映されている15分の短編アニメーション。サントラ盤は当美術館での販売のみのため、ファンにとっては待望のソロ・アルバム収録となります。悲しげなメロディがどこか切ない物語に素晴らしくリンクして多くの人に感動を呼び起こしました。今作ではソロ・ピアノで新録音。感動を新たにします。
試聴   2.あの場所から
   
生ギターのリズミカルなアルペジオに軽やかなピアノが踊るように響きます。後半のオーボエは、NHK交響楽団の和久井仁。爽やかな印象をさらに盛り上げます。
試聴   3.Road to Hometown
   
静寂感に満ちたガットギターとのデュエット曲。透明感溢れるピアノとギターの掛け合いに心が癒されます。ギターには古川昌義を起用。古川は鈴木雅之、CHAGE and ASKA、元ちとせ、中島みゆき、古内東子、MY LITTLE LOVER、徳永英明などをサポートしてきた名手です。
試聴   4.隠された歳月
   
韓国で高視聴率を記録したテレビドラマ「ごめん、愛してる」への提供楽曲。この情感溢れる悲しいメロディが韓国の人達を魅了し、多くのマスコミから「韓国人の感性にあう」と評されました。ヴァイオリン、チェロ、オーボエをフィーチュアしたアレンジはオリジナルに近いもの。心の奥を揺り動かすメロディは中村由利子の真骨頂といえます。
試聴   5.The Place to Return
   
2007年6月に発売となった風景写真家=前田真三のDVD「遙かなる丘」収録曲。前田真三は風景写真の第一人者で、北海道の美瑛などをテーマにした壮大な作品で多くのファンを魅了しました。そんな彼の「丘」をテーマにしたDVDに書き下ろした新曲。広大な風景に触発されたイマジネーション溢れる作品です。
試聴   6.Blue on Green
   
5同様、前田真三DVD「遙かなる丘」の収録曲。大草原と青空をテーマにしたスケール感のある作品。
試聴   7.Lament
   
どことなくヨーロッパの雰囲気をもつ作品。切ないメロディがワルツにのって心に響きます。
ソプラノ・サックスに須川展也を起用。須川は現在まで十数枚のソロ・アルバムをリリース、クラシックのみならずロン・カーター(b)やマーティン・テイラー(g)などジャズ界からもコールの多いアーティスト。クラシカルな音色、柔らかなリズム感がさらに楽曲の雰囲気を盛り上げています。
試聴   8.Streaming
   
テンポ間のある8分の6拍子を刻むピアノに、漂うようなメロディが流れていく作品。ヴァイオリン、チェロをフィーチュア、金物系パーカッションで彩る華麗なアレンジは中村由利子ならでは。チェロの植木昭雄はソロ奏者として最近頭角を現してきたアーティスト。丹精で情感豊かなプレイスタイルは、中村由利子の世界に見事にマッチしています。
試聴   9.Last Fascination
   
7.Lamentよりもさらにヨーロッパ感を強くしたような美しく印象的なメロディをもつ作品。弦楽カルテットを導入してサロン風のアレンジにしたて上げたことで、ハイソサエティながらも優しい楽曲の持ち味を余すところなく表現しています。
試聴   10.The Rain Has Gone
   
華麗なアルペジオのリズムに乗せて切ないメロディが揺れるように響く作品。中村由利子の透明感のあるピアノが見事に収録されています。この楽曲にも弦楽カルテットをアレンジ。ピアノのメロディを縫って織りなすハーモニーはまさに秀逸。ファンタジックな世界を演出しています。
試聴   11.Fly to a Heavenly World
   
静寂感を感じさせるメロディが魅力的な作品。再び、ソプラノ・サックスで須川展也が参加。美しいピアノとともにタイトルどおり浮遊感のある雰囲気を醸し出していてなんともいえない心地よさを味あわせてくれます。
試聴   12.上昇気流〜飛び立つ日〜
   
「ノナの星」に同じく、宮崎駿監督作品「星をかった日」への提供楽曲。ラストを飾るにふさわしい希望に溢れたメロディ、中村由利子の曲の中でも一際ポップな感覚をもった作品です。
こちらも今回ソロ・ピアノで新録音。シンプルになった分だけ、メロディが直接心に響きます。