史上最強の集団「航空救難団」それは人命救助”最後の砦”
世界トップクラスの救難組織「航空救難団」とは?
数あるレスキュー組織の頂点に位置する、航空自衛隊航空救難団。自衛隊機の事故などの際にパイロットを救出するための組織としてはじまったが、もちろん見ん歌人を救出することもある。通常、そういった任務は警察や消防、海上保安庁があたる。しかし彼らでは出動困難と判断された最も過酷な状況時、空自の航空救難団に出動要請がかかる。なぜなら航空救難団は、保有しているヘリコプターなどの機材性能、パイロットや救難員などの人員の技量が、他の組織と比べてトップクラスのレベルだからだ。彼らは最後に出動し、最も困難な状況に立ち向かって人名を救出する”最後の砦”とも言える存在なのである。※現在、救難団は全国8基地(千歳、松島、百里、浜松、小松、芦屋、新田原、那覇)や分屯基地2カ所(新潟、秋田)等に配置されている。用語集 劇中登場する”業界”用語をチェック! You have control(ユー・ハブ・コントロール)/現在機体を操縦しているパイロットが、別のパイロットに操縦を譲るときの合図。譲られたパイロットは「アイ・ハブ・コントロール」と発する。 RTB/Return To Baseの略。基地への帰還。 サバイバー/要救助者、生存者。 ターゲット・イン・サイト/「目標を発見した」の意。 メディック/救難員。救難ヘリに乗り込んで現場に駆けつけ、機外進出し、現場で要救助者をヘリに収容する。 ホイスト/レーブル巻き上げ機。救難ヘリに装備されている。 F転/戦闘機のパイロットだった人物が、輸送機や救難機などの戦闘機以外の部隊に配置転換となること。
海上保安庁(「海猿」映画)、ハイパーレスキュー(「生存者あり」映画、「RESCUE〜特別高度救助隊〜」TVドラマ)、山岳救助隊(「岳」コミック)の、どの組織も対応できない非常事態が発生した時に、航空自衛隊 航空救難団は出動!「空へ-救いの翼 RESCUE WINGS-」は、その航空救難団を描いた映画です。
登場機体解説 本作には実際に航空自衛隊で活躍しているたくさんの航空機が登場します!美しく力強いその動き、姿は必見です!
救難救助機 UH-60J(SP)/航空自衛隊の主力救難ヘリ。従来のV-107Aよりも航続距離が長く、速度も速い。機動性も高く、気象レーダーやFLIR(赤外線暗視装置)を装備していることから、捜索救出能力が格段に向上している。なお、本編の機体は「SP」と呼ばれる自己防御能力を高めたタイプである。 救難捜索機 U-125A/固定翼のジェット捜索機。従来のプロペラ捜索機MU-2Aに比べて航続距離や速度が向上し、捜索可能範囲が拡大した。360度捜索レーダーやTIE(赤外線暗視装置)、各種火工品や救援物資の投下装置、捜索用大型ウインドウを装備しており、捜索能力が向上している。
救難救助機 V-107A/旧式化しつつある救難ヘリ。タンデムローター特有の安定性と広いキャビンを持つことから、救難任務だけでなく物資や人員の輸送にも能力を発揮する。胴体両側に大型の燃料タンクを持ち、捜索用サーチライトやバブルキャノビーも設けている。2009年度を以って全機退役する予定。 主力要撃戦闘機 F-15J「イーグル」/航空自衛隊の主力要撃戦闘機。2基の強力なターボファン・エンジンが生み出す大推力に加え、小さな翼面加重と良好な空力特性により高い機動性を実現している。優秀な電子装備や兵装搭載能力、火器管制能力など総合的な戦闘能力が高く、世界最強の戦闘機とうたわれる。
あのブラックホークと同系列です!

史上最強の集団「航空救難団」それは人命救助”最後の砦”

世界トップクラスの救難組織「航空救難団」とは?

数あるレスキュー組織の頂点に位置する、航空自衛隊航空救難団。

自衛隊機の事故などの際にパイロットを救出するための組織としてはじまったが、もちろん見ん歌人を救出することもある。通常、そういった任務は警察や消防、海上保安庁があたる。

しかし彼らでは出動困難と判断された最も過酷な状況時、空自の航空救難団に出動要請がかかる。なぜなら航空救難団は、保有しているヘリコプターなどの機材性能、パイロットや救難員などの人員の技量が、他の組織と比べてトップクラスのレベルだからだ。彼らは最後に出動し、最も困難な状況に立ち向かって人名を救出する”最後の砦”とも言える存在なのである。

※現在、救難団は全国8基地(千歳、松島、百里、浜松、小松、芦屋、新田原、那覇)や分屯基地2カ所(新潟、秋田)等に配置されている。

用語集 劇中登場する”業界”用語をチェック!

You have control(ユー・ハブ・コントロール)

現在機体を操縦しているパイロットが、別のパイロットに操縦を譲るときの合図。譲られたパイロットは「アイ・ハブ・コントロール」と発する。

RTB

Return To Baseの略。基地への帰還。

サバイバー

要救助者、生存者。

ターゲット・イン・サイト

「目標を発見した」の意。

メディック

救難員。救難ヘリに乗り込んで現場に駆けつけ、機外進出し、現場で要救助者をヘリに収容する。

ホイスト

レーブル巻き上げ機。救難ヘリに装備されている。

F転

戦闘機のパイロットだった人物が、輸送機や救難機などの戦闘機以外の部隊に配置転換となること。

海上保安庁(「海猿」映画)、ハイパーレスキュー(「生存者あり」映画、「RESCUE〜特別高度救助隊〜」TVドラマ)、山岳救助隊(「岳」コミック)の、どの組織も対応できない非常事態が発生した時に、航空自衛隊 航空救難団は出動!「空へ-救いの翼 RESCUE WINGS-」は、その航空救難団を描いた映画です。
登場機体解説

本作には実際に航空自衛隊で活躍しているたくさんの航空機が登場します!美しく力強いその動き、姿は必見です!

救難救助機 UH-60J(SP)

航空自衛隊の主力救難ヘリ。

従来のV-107Aよりも航続距離が長く、速度も速い。機動性も高く、気象レーダーやFLIR(赤外線暗視装置)を装備していることから、捜索救出能力が格段に向上している。

なお、本編の機体は「SP」と呼ばれる自己防御能力を高めたタイプである。

救難捜索機 U-125A

固定翼のジェット捜索機。

従来のプロペラ捜索機MU-2Aに比べて航続距離や速度が向上し、捜索可能範囲が拡大した。

360度捜索レーダーやTIE(赤外線暗視装置)、各種火工品や救援物資の投下装置、捜索用大型ウインドウを装備しており、捜索能力が向上している。

救難救助機 V-107A

旧式化しつつある救難ヘリ。

タンデムローター特有の安定性と広いキャビンを持つことから、救難任務だけでなく物資や人員の輸送にも能力を発揮する。

胴体両側に大型の燃料タンクを持ち、捜索用サーチライトやバブルキャノビーも設けている。

2009年度を以って全機退役する予定。

主力要撃戦闘機 F-15J「イーグル」

航空自衛隊の主力要撃戦闘機。

2基の強力なターボファン・エンジンが生み出す大推力に加え、小さな翼面加重と良好な空力特性により高い機動性を実現している。

優秀な電子装備や兵装搭載能力、火器管制能力など総合的な戦闘能力が高く、世界最強の戦闘機とうたわれる。

閉じる