CHILDHOOD ハンドフルート 森 光弘 ピアノ 白田 圭介
2009.3.4 発売 CD/ALBUM 光の中へ

「ハンドフルート」とは、「手笛」のこと。
手笛といってもただの手笛ではありません。
両手を祈るように組み合わせ、息を吹き込みことで、たとえようのない独特な優しさと温もりに満ちた音色が生み出されます。
一度聴いたら、耳を傾けずにはいられない不思議な魅力にあふれています。
しかも3オクターブの音階をコントロール可能!あらゆるメロディを奏でることが出来ます。
まさに唯一無二、人類の遺産とも言うべき逸材です。

ハンドフルート奏者=森 光弘は、幼少の頃からこの奏法を自己流で開発。鍛錬の末、様々な表現力を身につけ、
大学在学中にその独自の奏法を「ハンドフルート」と命名しました。

見上げてごらん夜の星を
試聴する
明日の風*
試聴する
つつまれて*
試聴する
道(タオ)*
試聴する
川の流れのように
試聴する
Horizon*
試聴する
星に願いを
試聴する
涙そうそう
試聴する
飛行機雲を見上げて*
試聴する
チャールダーシュ
試聴する
旅人*
試聴する
Snow again*
試聴する
HIKARI*
試聴する
Snow again
ルパン三世のテーマ
*のある曲はCHILDHOODのオリジナル曲です。
公式サイト

史上初のハンドフルート奏者「森光弘」のユニットがCHILDHOODです。「ハンドフルート」とは、「手笛」のことで、その優しさと温もりに満ちた音色は、多くの人を魅了しています。
幼少の頃から森本人が自己流で開発してきた音楽史上初の奏法は、その鍛錬の、たとえようのない独特な音色はもちろん、なんと3オクターブまで奏でることが出来ます。まさに唯一無二、人類の遺産とも言うべき逸材です。
森は2004年より、ピアニスト「臼田圭介」と組み、CHILDHOODとして活動を開始。クラシックからポップスまで、ジャンルを問わぬカヴァー曲と、自身のオリジナル楽曲でレパートリーを増やし、各地のイベントなどに出演。以来、口コミで話題となり、 自主制作盤CDはたちまち売り切れる。
2008年には、ベストハウス123、笑っていいとも、などTV番組にも出演、紹介され、見る人を驚愕させました。こうした全国ネットでの露出により各地イベントへの出演依頼がさらに殺到しています。その後「行列のできる法律相談所」にも出演。島田紳助氏やYOSHIKI氏、出演者からも大絶賛を受けました。
今、新しいインストゥルメンタル・ミュージックの波を起こそうとしています。

森 光弘 ハンドフルート

東京音楽大学教育学科卒業
幼少の頃から、ハンドフルートを独学で習得。大学生の頃より、ハンドフルート奏者として、演奏活動を本格的に開始。その音色の素晴らしさは独創性とあいまって、たちまち評判を呼び、その地位を確立しつつある。手笛として類似奏法はあるが、「ハンドフルート」という奏法呼称は彼によるものであり、彼独自のもの — 創始者である。

白田 圭介 ピアノ・キーボード

東京音楽大学演奏家コース卒業、同大学院伴奏科修了
的確な技術とセンスで多くのソリスト、アンサンブル楽団よりオファーを受け、多忙なピアニストとして活躍。
ハンドフルート森とのCHILDHOODでは、伴奏の核としてはもちろん、作曲・アレンジまでこなす。

アミューズソフトエンタテインメント株式会社